地球温暖化とは?

温室効果ガスにはどのようなものがあるのだろう

CC009G
温室効果ガスは次の表に示されているようなものがあります。
この中で物が燃える時に発生する二酸化炭素は皆さんもよく知っていると思いますが、水田や沼から発生するメタンガスや一酸化二窒素やフロンガスなども温室効果ガスの仲間です。これらのガスがどれほど温暖化に影響しているかは地球温暖化係数が示しています。
この表を見ると二酸化炭素は一番係数が小さく、温暖化に与える影響は少ないように思えます。

 

chart01 02出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)

 

ところがそれぞれのガス排出量を見てみると、次の表から明らかに二酸化炭素が突出して多いことが分かります。
つまり、ガスの量と温暖化係数を掛け合わせて温暖化の影響を考えると二酸化炭素が地球温暖化に一番大きな影響を与えていることになります。

 

chart01 03出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト
(http://www.jccca.org/)